エロ漫画

【レビュー】どぴゅあ 八尋ぽち【エロ漫画】

どぴゅあ_八尋ぽち_レビューシート

どこか懐かしさを感じるけどきっちり今風の美少女顔を描く作家さん。

非常に絶妙なラインで、この絵柄が嫌いな人はいないでしょう。

基本の画力が高い方なので、大ゴマやぶち抜きのキャラクターのアップがよく映えます。

一枚絵だけで画面が保たせる画力の高さがある。

唾液や愛液などの粘液の表現が過剰なところがエロ漫画的で良いと思います。

演出だけではない、作家としてのフェチズムを感じる。

ストーリーに関しても、イチャラブ系の勘所を抑えており堅実です。

絵だけじゃなく漫画も上手で、さすが快楽天の基幹作家だなあといろいろと感心した一冊。

やはり特筆するべきは絵柄でしょう。

少し懐かしさを感じるギャルゲー系の美少女顔にビンビンくる。

大きめの黒目や頬に斜線を入れるところなんかは懐古表現の域に入ってます。

でも、パキッとした太めの描線や微妙な顔の造形、カラダの描き方は今風でバランス感覚が絶妙だと思う。

好きな絵柄ですね。

演出面でもコマ割りがかなり上手です。

「絵がうまい人だな~」という印象が先にくるけど、自然にページをめくらせる演出の上手さがありました。

作品ページはこちら
タイトルとURLをコピーしました