AV・アダルトVR

アダルトVR視聴の観点からOculus Quest2をレビュー。プライバシーを極力守りながら使う方法も解説

Oculusquest2_フルセット写真

アダルトVR視聴のためにOculus Quest2を買いましたので使用感について書いてきます。

結論として、かなりいいです。

VRオナニー・ライフが楽しくなるアイテムであることに間違いはありません。

「おすすめポイント」「気になるポイント」「使用感」「プライバシーを守りながら使う方法」についてまとめましたので、よろしければ最後までお読みいただければ幸いです。

Oculus Quest2のおすすめポイント

事実上の標準機(一番普及している)

Oculus Quest2を積極的におすすめしたい理由は一番”普及している”からです。

現在、一般ユーザー向けのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)のなかでは、事実上の標準機といっていいでしょう。

ゲーム機を買うときに重要なのは、性能よりもそのゲーム機でやりたいゲームがどれだけたくさん出るかですよね?

性能がいいはずのXBOXがいまいち日本で普及しないのは、日本市場向けのゲームがあんまり出ないからです。

VRヘッドセットでもそれは同じで、どれだけのコンテンツがその機種に対応してくれるのかが選ぶ際のポイントになります。

今後しばらく、VRコンテンツは事実上の標準機であるOculus製品に対応することは間違いありません。

エロでいうとFANZAもアダルトフェスタもOculusの新モデルが出るたびに必ず対応してくるでしょう。

何より「技術にあんまり詳しくない…」という人は、一番メジャーな製品を買っておくのが安心だと思います。

母数が大きいとトラブル対策の方法もネットで充実しますから。ほら、この記事みたいに!

普及しているのでサードパーティー製の安い関連製品の数多く出ています。

やはりプラットフォームにとして普及しているのが最大の強みです。

いろいろちょうど良い完成度

Oculus Quest2はFacebookが普及のための戦略商品として作っただけあって、本当に絶妙な完成度だと思います。

3~4万で買えるスタンドアロン型HMDの中では性能もピカイチです。

詳しい性能については、大手ITメディアの比較記事をお読みください(丸投げ)。

同価格帯のピコテクノロジーズの「Pico G2 4K」はAmazonプライムビデオを見る分には便利ですが、アダルト目的では、まずFANZAに対応していないので選択肢から外れます。

HP(ヒューレットパッカード)の「HP Reverb G2」は超高性能ですが、PCとの連携が必須なので少々使い勝手が悪いです。

ケーブルをつなげる必要があるので取り回しは悪いですし、エロ動画目的ではオーバースペックもいいところです。

Googleが推進するVRプラットフォーム、「Google Daydream」はいまいちやる気が感じられず、いつ終了してもおかしくありません。

Googleは「ダメだな」と判断したら、IT企業らしく速攻でその事業を切ります。

Oculus Quest2は価格、できること、メジャー感(Facebookが力を入れている)、ハードウェアの完成度とつけいる隙がありません。

Oculus Quest2の気になるポイント

Facebookアカウントの連携が必須

Oculus Quest2をおすすめしにくいポイントは「Facebookアカウントが必要」という1点のみです。

そして多くの人がOculus Quest2の購入に不安を感じてるいることだと思います。

何よりFacebookアカウントがBANされてしまうと、Oculus製品も使えなくなってしまうという驚愕の事実があります。

しかも、Facebookは実名登録以外は認めていませんので、1回BANされたら一生アウトです。

BANされた瞬間からOculus製品は高価な文鎮へと早変わりします。異常なことですよね。

ただ、普通に使っていればBANされる心配はほぼないと考えていいです。

Facebookへの定期的な投稿なども求めれていません。

私も10年ほど前になんとなく作って一度も投稿したことがないFaceBookアカウントが普通に使えています。

ただ不安感はあるのでOculusよりも便利なプラットフォームが出てくれば、すぐに乗り換えたいと思っています。

しかし、今後3~4年はOculus製品がVR業界の覇権を握りつづけるのは確実です。

今、スマホ型HMDからステップアップしたい人は、素直にOculus Quest2を買った方が幸せになれると思います。

プライバシーを極力守りながらOculus Quest2を使う方法に関しては、ページの最後の方で解説しています。

リリース当初のアカウントBAN祭りの真相

Oculus Quest2リリース当初(2020年10月)のアカウントBAN祭りは、アメリカ大統領選と時期が重なってしまったことによる事故のようなものだと思います。

2016年の大統領選で、約8700万分のデータが選挙コンサルティング会社の英ケンブリッジ・アナリティカにより不適切に共有されたことで、Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグは連邦議会に呼び出しを受けています。

ですので、2020年の大統領選はFacebookの利用状況についてピリピリと神経をとがらせていたはずです。

そんな大事な時期に新規アカウント申請が外国(日本)から大量に送られてきたんですから、とりあえず疑わしきは全部BANですよ。

日本ではインターネットは匿名で活動するのが基本ですから、ハンドルネーム的な偽名でアカウントを作る人が多かったのも大量BANの一因だと考えられます。

中には本名で登録し、免許証の控えまで送ったのにBANが解除されなかった人もいるようですが、完全にとばっちりでしょうね…。時期が悪かったとしか…。

ですので、大統領選が終わった現在、新規アカウント申請が通らないなんてことはまずないはずです。

まあ、Facebookの「俺たちがやっていることは大局的には人類に利益をもたらす! だから、多少のことは許される!」みたいなエリート主義的な傲慢さはやっぱり鼻につきますよね。

Oculus Quest2の使用感をレビュー

専用機はやはり快適!

感想としては「専用機はやはり快適!」。 その一言につきますね。

説明書なんて読まなくても使える操作のシンプルさもGoodです。

一度セットアップさえ済ませてしまえば、その後、いろいろ準備する手間がないので、アダルトVRを楽しむためのハードルが低くなりました。

スマホ型HMDはスマホをゴーグルに装着するひと手間がやっぱり面倒なんですよ。

VRの気分でもゴーグルの準備が面倒で、普通のAVでヌくことが何度もありました。

ほんのひと手間なんですが、そのひと手間があるとないとでは快適さが全然違います。

映像のキレイさは、正直、スマホ型HMDとあまり変わりません。

これは最近のスマホのディスプレイ解像度が必要十分にキレイってことなんでしょう。

ただOculus Quest2はレンズまわりの設計がいいのか、スマホ型HMDを使っていた時に多発した「接近時に女優さんの顔がダブって見える現象」が限りなくゼロに近いです。

おかげでキスをたくさんしてくれるイチャラブ系の作品がいままで以上に楽しくなりました。

ハードウェアに高級感もありますので、置きっぱなしにしていても部屋のインテリアとしても様になります。

「重い!」というレビューを散見しますが、フィット感が高いので私は重いと感じたことはないです。

重さを感じる人やがっつりVRゲームをプレイしたい人は、純正やサードパーティー製のエリートストラップに交換するといいと思います。

コントローラーは動画視聴でも便利

コントローラーのジョイスティックによる早送り、早戻しがかなーり便利です。

左手でコントローラー、右手でチンコを持つスタイルが捗ります。

右、左どちらのコントローラーでも同じ操作ができるため、左利きの人も安心です。

スマホ版のDMM VR playerのヘッドトラッキングによる操作は、それはそれで快適なのですが、いちいち首を振らなくていいのは思っていたより快適です。

Oculus Quest2はハンドトラッキングによる操作も対応していますが、アプリを使うときは結局コントローラーが必要なので実用性はあんまりないですね。

起動時にコントローラーを本体近くに置いてないと「コントローラーが迷子です」というポップアップもでますし。

ちょっと面倒ですが、起動時にはコントローラーを近くに置きましょう。

メガネスペーサーは優秀!だけど幅がキツイ

オプションで付いてくるメガネスペーサーは非常に優秀です。

装着するとメガネとOculus Quest2のレンズとの間にだいたい指一本ぶんくらいの隙間ができますので、レンズ同士がぶつかることはありません。

ただ、いかんせん幅がきつい!

どう工夫しても顔をメガネごとゴーグルにグッと押し付けるようにしないと装着できません。

メガネにかなり圧力をかけることになるので、針金タイプの鼻パッドは変形してしまう可能性が高いです。というか、しました(泣)

Oculus用に「幅が少し狭め+鼻パッドがフレーム一体型」の眼鏡を新調するのがいいと思います。JINSや眼鏡市場で安いヤツを見つくろいましょう。

ブルーライトカットのPC用メガネとして使えるヤツを買えば一石二鳥です。

また、眼鏡をかけたままゴーグルを装着するとピントがぼやけることがあります。

これはだいたい本体が下にずり落ちていることが原因ですので、ストラップを締め上げると回避できます。

メガネをかけたままOculus Quest2を装着する際は、少しきつめにストラップを絞るのがおすすめです。

公式オプションの視力補正レンズは日本からだとなかなか買うのが面倒そうですが、一番スマートですね。私もいずれ購入したいです。

Oculus Quest2をプライバシーを極力守りながら使う方法

Facebookは実名をそのままアカウント名として利用する特殊なSNSです。

日本ではネットは匿名でやるのが基本ですので、Facebookに抵抗感を覚える人は多いと思います。

実際、日本で積極的にFacebookを活用しているのは、自己顕示欲の強い人(リア充)か事業をやっている人(経営者、フリーランス等)くらいでしょう。

しかし、現在、Oculus製品を利用するためには、実名SNSであるFacebookアカウントが必須です。

実名SNSですので、実名を登録することだけはどうしても避けられません。

ただ、エロ目的でOculus Quest2を使うのなら、少しでも”繋がる”ことを回避したいですよね?

そんな出来るだけFacebookで繋がらないための設定方法を解説していきます。

全然難しくないですよ。

ローマ字で名前を登録する

繰り返しになりますが、Facebookで本名以外の名前を登録するのは規約違反になります。

ですので、名前はローマ字表記で登録しましょう。

それだけで個人を特定できにくくなります。

ただ「知り合いかも」のサジェストに表示される可能性は消せません。

まあ、日本でのFacebookの勢いなんて風前の灯火ですから、「Facebookでお前と同姓同名の人見かけたよ」なんて会話をすることなんてほぼないでしょう。

聞かれたところで、同姓同名の別人だと白を切ればいいだけの話です。

それでも「本名でSNSアカウントを作るのは絶対に嫌だ!」という人は、残念ながらOculus Questをあきらめるしかありません。

ここだけは本当に仕方ないです…。

登録情報はメアド、生年月日、性別だけにする

アカウント登録時に必要な個人情報は「名前(本名)」「メールアドレス」「生年月日」「性別」だけでOKです。

途中で「写真のアップロード」などいろいろ「入力してね♪」とポップアップしてきますが、全部スキップして大丈夫です。

不要な個人情報を入力する必要はありません。

あとできるだけ登録はPCで行った方が無難だと思います。

スマホでFacebookアプリを使用した場合、何かの手違いで連絡先がアップロードされる可能性がなくはありません。

Facebookは隙あらば個人情報を吸い取ろうとしてきます。

アカウント登録の作業が終われば、入力したメールアドレスに確認メールが届きます。

あとは確認メールを使ってアカウント認証をすませば、アカウント作成は完了です。

「プライバシー設定」で名前以外の情報はすべて非公開にする

無事にFacebookアカウントが作成できたら、まず「プライバシー設定」の項目を確認・設定しましょう。

右上のメニューボタン(▼)から「設定とプライバシー」→「プライバシー設定の確認」→「コンテンツのプライバシー」を順にクリックしてください。
※PC版の画面で解説していますが、スマホでも手順は同じです。

Facebookのプライバシー設定
Facebookのプライバシー設定_プロフィール情報

プロフィール情報は基本的に全部「自分のみ」でOKだと思います。

「今後の投稿」「ストーリーズ」に関しても「自分のみ」もしくは「友達」を選んでおけば大丈夫です。

「過去の投稿を制限」「ブロック」の項目に関しては設定の必要はありません。

迷ったら「とにかく制限する」方向性で選択肢を選んでください。

「Facebookでのあなたの検索」を制限する

身バレの危険性に通じるのは「Facebookでのあなたの検索」の項目です。

ここはきっちりと制限しましょう。

「プライバシー設定の確認」の「Facebookでのあなたの検索」をクリックしてください。

Facebookのプライバシー設定_Facebookでのあなたの検索
Facebookでのあなたの検索_友達リクエスト

「友達リクエスト」は必ず「友達の友達」に設定しましょう。

友達リクエストを制限しないと、相手の「知り合いかも」に表示される可能性が高いそうです。

誰かの「知り合いかも」に表示される確率を下げるためにも、ここは「友達の友達」に設定しておきましょう。

Facebookでのあなたの検索_電話番号とメールアドレス
Facebookでのあなたの検索_検索エンジン

「電話番号」と「メールアドレス」は「自分のみ」に設定、「検索エンジン」の項目も念のためにオフにしておきましょう。

以上の設定で、名前以外の情報は非公開に、また検索や「知り合いかも」で自分のアカウントが表示される可能性が下がるはずです。

Oculus Quest2のレビューまとめ

Oculus Quest2より高性能なHMDはたくさんあります。

しかし、価格と手軽さを考えるとOculus Quest2は”最優”のVRゴーグルだと思います。

動画視聴も快適ですし、ゲームも十分プレイできます。

常にFacebookの影がチラつくのがネックではありますが、プライバシー設定を徹底すれば、SNSとしての機能を骨抜きにすることは可能です。

予算に都合があえば、非常におすすめです。

ただ3000円前後のスマホ型HMDでもアダルトVRは十分に楽しむことができます。

まだアダルトVRを体験したことがない人は、まずはスマホ型HMDでアダルトVRの世界を体験してみて下さい。

はじめてAVを見た時の感動を思い出しますよ。

タイトルとURLをコピーしました