AV・アダルトVR

【VR】天井特化アングルVR ~田中ねねには勝てん~ レビュー:期待した通りのものが見られる完成度の高い作品

作品のおすすめポイント
  • けしからんオッパイが存分に生かされたプレイ内容
  • ジャケットから期待した通りのものが見られる完成度の高さ
  • 熟女キャラなのにみずみずしい肉体
収録時間82分
出演者田中ねね
監督宮迫メンバー
シリーズ天井特化アングル
メーカーケイ・エム・プロデュース
レーベルKMPVR
作品概要

大学生の僕は食うものに困るほどお金がない。ある日、栄養失調で倒れてしまった。意識が戻ると、住んでいる部屋の大家さんの可愛い娘・ねねが僕を覗き込んでいる。どうやら滞納している家賃の催促に来たらしい。クスリとご飯のおかげで元気が出てきた僕。あれ、でも、何かおかしいぞ…。股間が熱くなってきた…。ねねがくれたクスリは勃起薬だったのだ!僕の上に跨りイヤラシイ顔でイキまくる彼女に精子を根こそぎ持っていかれた時の話です。

作品の内容と見どころ

収録時間82分、3部構成の作品。

苦学生の自分が栄養失調で倒れているところを大家の娘(田中ねね)に介抱してもらうといったストーリー。

プレイの内容はオーソドックスで、大家さん云々の設定はあんまり生きてません。

薬(勃起薬)を盛られて、強引にSEXに突入するいつもの天井特化アングルのパターンです。

ただ、授乳手コキなど田中ねねのけしからんオッパイを生かしたプレイがふんだんに取り入れられているのは好印象。

あと天井特化アングルだと顔がアップで良く見えるので、田中ねねの瞳の大きさが際立って目立ちますね。

照明が瞳に反射して、まるで少女漫画のキャラクターのようキラキラ光っています。見つめあうと吸い込まれそう。

瞳のハイライトで田中ねねがより一層魅力的に見えます。

メインディッシュの騎乗位シーンは、たっぷり10分以上収録されていますのでヌキどころには困りません。

また、全体的なSEX技術がかなり向上しており、動きに新人っぽさがなくなってきました。腰振りのスピードも十分に速く、自然とボルテージを上げていけます。

スライムのようなプルプルしたおっぱいが揺れているだけで、十分ヌケるのですが、そこにテクニックが加わったことで死角がなくなりつつあります。田中ねね、恐ろしい子……(白目)

ただ、お腹のお肉も”成長”していますね…。私は全然許容範囲ですが、気になる人は気になるレベルに成長しています。

もう少し絞った方が万人受けすると思いますが、ふっくらしている方がエロさは増しますよね。好みが分かれるところだと思います。

天井特化アングル作品のチャプター3はおまけ的な映像が多いのですが、本作はまるまる15分間、ローションプレイが収録されています。ローションプレイが好きな人はかなり満足できるはずです。

ソープ系の作品に多く出演しているのこともあり、ローションプレイは上手です。本職のソープ嬢になっても十分通用するとレベルだと思います。

雰囲気もソープ嬢っぽいですしね。田中ねねは実質ソープ嬢。あと、田中ねねのおっぱいはパイずり映えがする形だと思います。

あと、おっぱいに隠れがちですが、田中ねねはランジェリー姿が非常にいいです。本当に21歳なのかと思うくらい熟した色気があります。けしからんおっぱいも見たいけど下着姿もずっと見ていたい。

それにしてもすっかり人妻キャラが板についてきましたね。まだ21歳なのに落ち着いた大人の女性のオーラが凄い。それでいて肉体は若く張りがあるという。

ある意味、田中ねねはエロ漫画に出てくるような理想の熟女(キャラクターとしての熟女)なのかもしれません。本人としては不本意かもしれませんが。

「天井特化アングル」作品については下記の記事で特集しています。よろしければ合わせてお読みください。

参考記事:【VR】「天井特化アングル」の魅力について語らせて欲しい。 いま見られる天井特化アングル作品まとめ。

レビューまとめ

とがった部分が無く、意外性はあまりないです。するりと飲めると言うか。

ただ、期待通りのものが期待した通りに作られているという意味で、非常に完成度が高い作品だとは思います。癖が無くオーソドックスな内容なので、その分おかずにはしやすいですね。

「女性はちょっとムチムチしているほうが良い!」というタイプの人には、オールタイムベストになれる可能性が十分にある作品だと思います。

タイトルとURLをコピーしました