AV・アダルトVR

【VR】最高の愛人といいなり温泉不倫旅行 田中ねね レビュー:天然Gカップ巨乳にやりたい放題!とにかくヌケるし、独特の余韻もいい感じ

作品のおすすめポイント
  • 不倫カップルの「変態っぽいことをしてみる」描写がリアル
  • プレイに中年男のねちっこさがにじみ出ている
  • アダルト作品には珍しい独特の余韻を残すラストシーン

いい表現ではないかもしれませんが、「女性の体をおもちゃにする」といった感覚を疑似体験することができる作品。とにかく使えます!

「不倫」という状況に性欲が高まってしまい、ハメ撮り、緊縛、バイブなど、とにかく「変態っぽい」ことをしてみようと色々やってみる描写がリアルでいいですねえ。

作品全体からねっとりとした「中年男の性」がにじみ出ています。いちゃつき方からおっぱいの触り方までとにかくねちっこい!

そのねちっこさに対して、田中ねねさんのかぶりつきたくなるような魔性のカラダが説得感を与えています。

若い人が見ると嫌悪感を感じるかもしれません。しかし、中年諸兄ならば「わかるぅ! 俺もそうする!」と感じるプレイ内容になっています。

また、フェイク・ドキュメンタリーを思わせるラストシーンが印象的です。

田中ねねの少し困ったような表情、肉感的なのにどこか儚げな雰囲気があってこそ成立する意味深なラストシーンになっています。

こんなAV初めて見ました。

とにかくヌけるAVが見たい方にも、ちょっと趣向の変わったAVを見てみたい方にもおすすめの作品です。

作品概要

収録時間85分
出演者田中ねね
監督矢澤レシーブ
シリーズ
メーカーSODクリエイト
レーベルSODVR
作品概要

【最高の愛人と1泊2日の温泉旅行】「旦那とのSEXに飽きちゃった…」夫よりも浮気相手の俺を愛するドM妻 ねね(Gカップ)。そんな愛人をヤリたい放題いいなりに出来る一泊二日の超贅沢な温泉不倫旅行!露天風呂でGカップの胸をねっとり弄び、部屋で浴衣の帯で拘束し動かなかった身体を玩具でイカセまくる!そしてほぐしたま●こに生チ●ポをぶち込み連続絶頂!!「やっぱり私ってMみたい!」※ねね談
※引用元:FANZA

Chapter1の内容と見どころ

チャプター1は、男優のとにかくねちっこくおっぱいをいじくりまわす手つきが見ものです。

ある程度齢を重ねた男女のただれた空気感が手つきだけで伝わります。

田中ねねさんの「大きいけど形が整っていて、それでいてやわらそうなマシュマロおっぱい」がぐにゃんぐにゃんと形を変えるのがエロい!

他にもおっぱいにお湯を垂らして遊んでみたりとちょっとした演出が光ります。

「これから約80分間、ねっとりしたプレイが続くのか!?」とワクワクする導入部です。

Chapter2の内容と見どころ

チャプター2は「緊縛×おもちゃ責め」のパート。立位での視聴を推奨されています。

電マ、ピンクローター、バイブを使って田中ねねの熟したボディをひたすらに責め続ける展開が続きます。

田中ねねさんの責めに堪えるあえぎ声も耳に心地いいチャプターでもあります。いやらしさの中に可愛さがあるいい声です。

あと挿入のタイミングがバッチリ!

おもちゃ責めで気分が盛り上がる⇒たまらず立ちバックで挿入という流れが本当に自然です。

Chapter3の内容と見どころ

チャプター3は乳揺れを楽しむパートです。どたぷんとした重量感のあるおっぱいが「これでもか!」というくらい気持ちよく揺れます。

正常位から開幕。重力で横方向に流れるのは天然巨乳の証。

ハメ撮り映像を背景のモニターに映し出すという気の利いたアイデアがいいですね。チャプター1の冒頭で男がカメラを回してフリが効いています。

個人的には騎乗位シーンでは田中ねねの髪の毛がこちらに(カメラ)に被さってくる感じが淫靡で好きです。

騎乗位、対面座位、後背座位とおさえるとこは全部おさえてあるのでヌキどころには困らないチャプターです。

ラストの5分は独特な余韻が残る印象的なシーンになっています。。AVにこういった要素が求められるかどうかはわかりませんが、私は好きです。

レビューまとめ

Goodポイント
  • 最初から最後までねちっこい
  • 最初から最後まで執拗におっぱいを責める
  • 道具を使いたがる中年男の性欲がリアル
いまいちポイント
  • スポーティな絡みが好きな人には向かない

この作品、とにかく徹頭徹尾ねちっこいプレイが続きます。

ですので、洋物ポルノによくあるスポーティなSEXを好む人(そんな人、日本にいるのか……?)には向かない作品です。

成人したばかりの人もあんまりピンとこないと思います。ただ、中年以上の人は竿役に感情移入できること間違いなしです。

「中年の性欲」というのを良くわかって作られていると思います。

「今日はエロだ!」と妙にムラムラしている日に見ると最高に楽しめる作品です。

タイトルとURLをコピーしました