AV・アダルトVR

【レビュー】ほぼノーカット!ハメ撮りVR ストレスフリーで最高の没入感に浸かる伊藤舞雪との熱烈イチャラブSEX:ヘルメット型カメラによる圧倒的な没入感がスゴイ

作品のおすすめポイント
  • ヘルメット型カメラによる圧倒的な没入感
  • 「普通のSEX」が楽しい仕掛けになっている
  • ほんのり漂うデリヘルの雰囲気
収録時間83分
出演者伊藤舞雪
監督こあら太郎(わ)
シリーズkawaii*VR
メーカーkawaii
レーベルkawaii*VR
作品概要

もっと没入感を、もっとリアルなSEXを堪能したいアナタへ!新基準VRをお届けします。自由に動けるヘルメット型カメラで自然な動きを実現!女優主導の視点移動で映像酔いを軽減しました。各ファイル毎にほぼノーカット撮影することで世界観へどっぷり浸かることができます!そして煩わしかった挿入シーンでのカット割りも一切なし!流れを壊すことなく最後までセックスに集中できます!伊藤舞雪をもっと近くで感じて下さい!

作品の内容と見どころ

ヘルメット型カメラで撮影された意欲作。カメラがぶれるので3D酔いしやすい人はかなり辛いと思います。特に男優が移動するシーンがキツイ。

しかし、吐きそうになっても見る価値はある作品です。

「新基準」とタイトルにわざわざつけるだけあって、臨場感は確かに頭一つ飛び抜けています。やはり視点に変化があるのは大事なんだなと改めて感じました。

動くだけでアクション性がでますから、つまらなくなりがちなクンニやおっぱい舐めのシーンが見られるレベルにまで仕上がっています(個人の感想です)。

ただ、視界が勝手に動くので、VRというよりテーマパークのアトラクションに乗っている感覚に近いですね。

全体的には2DAVとVRのいいとこ取りと言っていいんじゃないでしょうか。

キスシーンなど一部のシーンが不自然なのは仕方がないと割り切るしかないですね。だって、ヘルメットかぶってるんだから…。

何より導入部のイチャイチャが楽しいです。もうイチャイチャ系VRは全部ヘルメット型カメラで撮影して欲しいくらい。

会話シーンも他のVR作品よりも自然に話していて、よりイチャイチャ感が高いのもGoodポイント。そりゃ、目の前に人が居るほうが話しやすいですよね。

固定カメラのVR作品とくらべると会話シーンの態度の自然さが際立ちますね。あと、固定カメラの場合、どうしても「一人しゃべり感」を強く感じてしまうことがありますから。

何より対面で見る伊藤舞雪のいたずらっ子のようなはにかんだ笑顔が可愛らしいので、いつもは導入部をすっ飛ばしてしまう人にこそぜひ見て欲しい。

内容としては「休日に彼女とイチャついてそのままSEXする」という「普通の人が体験する普通のSEX」です。シチュエーションとしては全くAV的ではありませんが、それがイイ!

「ああ、アダルトVRってSEXシミュレータだったな」ということを思い出しました。

固定カメラのVRはどうしても映像作品としての側面が強いですが、この作品はかなりシミュレータ寄りです。演出面でも小細工というか、凝ったことは一切していません。

使い古された表現ですが、本当に伊藤舞雪とSEXしているように感じます。

おっぱい大きい、お尻も大きい、腰はほっそいのエロ漫画ボディを実際に味わうことができるだけで十分、VR作品としての価値があると思います。

あと、見え方が実際の視点に近いので、普段はあんまり好きじゃないプレイも良く感じました。

具体的には乳首舐めのシーン。チュパ音がリアルなので、乳首に擬似的な感覚を感じるほどでした。

伊藤舞雪と恋人同士だという設定をそのまま受け入れるのもいいですが、そういうプレイだととらえるのも楽しいです。まあ、一般人の彼女は全身リップなんてしてくれないですから。

休日のセクシー女優(伊藤舞雪)とイチャイチャSEXをしているとメタ視点で妄想するのも楽しいと思います。

全てのAV女優さんに1本はこんな作品に出演して欲しいと思えるくらい良かったです。

ただ、ほぼ一発撮りする必要があるっぽいので、キャリアと実力がある女優さんにしか難しいでしょうね。撮影ノウハウの部分も専門性が高そうです。

あと、パッケージのイメージ画像の出来が非常にいい!キレイな顔にキレイなおっぱい(巨乳)。こんなん絶対にクリックしてしまうやろ。

レビューまとめ

ハメ撮り系の作品の中では、いまのところ一番です。

彼女とのSEXシミュレータとして非常に出来がいいと思います。伊藤舞雪作品を未見でも顔とおっぱいが好みなら絶対楽しめるはず。

もっと増えて欲しい系統の作品ですが、ナチュラルメイクが実は一番メイクをしているように、ハメ撮り映像を自然に見せるのは、それなりにテクニックと経験が必要なんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました