AV・アダルトVR

【レビュー】【VR】自分を慕う美少女J●に禁断の媚薬調教!キメセクおチンポ漬けで敏感いいなり娘にオクスリ洗脳! 松本いちか

作品のおすすめポイント
  • 松本いちかの現役感あふれる制服姿
  • まるで退魔忍のようなクソザコ・マ〇コ演技
  • 最初から最後まで淫語での盛り上げてくれる
収録時間74分
出演者松本いちか
監督プリンあらド~モ
シリーズ
メーカーP-BOX VR
レーベルP-BOX VR
作品概要

「おじさんのおチンポしゅきぃ!!」密かに手に入れた媚薬で感度3,000倍!もう何も考えられない!ウルウル瞳でなんでもイイナリやりたい放題好き放題!!「お願いオチンポ頂戴!!」とオネダリさせたら生チン挿入で激ピス攻撃でイカセまくり!!マジ恋モードで中出し懇願!!思春期J●の膣奥に着床必至の大量発射!!

収録時間74分、3部構成の作品。

彼氏ができた姪っ子に媚薬を盛ってやりたい放題好き放題してしまうお話。

松本いちかのまだまだ現役感あふれる制服姿がまぶしい。おじさん呼ばわりされるのがちょっと嬉しい。

こんな姪っ子に懐かれたらちょっと勘違いしてしまうのはわかる気がする。

松本いちかのいきなり手をグッと掴まれた時のおびえた演技が素晴らしいです。

抵抗する演技も、優しい伯父さんが豹変してしまい強く抵抗できない感じがよく出ていますね。

媚薬を盛られた松本いちかは、いきなり感度最高の『退魔忍』状態へ。

さすが感度3000倍の媚薬。

ちょっとした愛撫で感じてしまうクソザコ・マ〇コ演技が素晴らしい。最初からクライマックス!

表情の余裕のなさにキマってる感がよく出ていますし、舌っ足らずな話し方も媚薬と快楽で舌が回らないのがよく表現できていると思います。

快楽堕ちした後の感じ方は、冗談抜きで『退魔忍』シリーズみたいです。

いつ「このオチ〇ポ、神なのぉ!」みたいなセリフが飛び出すのかワクワクしながら視聴しました。

まあ、流石にそれはなかったんですが、最初から最後まで淫語で盛り上げてくれますので、言葉背めが好きな人にはおすすめです。

VRには珍しく自分がガン責めするシーンが多いので、受け身よりも攻めたい人にもおすすめ。

作品の内容と感想

全体的に淫語で盛り上げる展開が続きますので、淫語好きには堪らないです。

自分がいまどういう状態なのか、何をされているのかを詳しく実況中継してくれます。

作品の設定上、松本いちかが責められるシーンが続くので、女優が主体的にできるのは淫語だ!ってことなんでしょうね。

「らめぇ~」「ぎぼちいぃ!」「しゅきぃ」といったエロ漫画的な淫語が多用されているのは、好みが分かれるかもしれません。

あと、舌っ足らずな話し方がずっと続くのも、若干、耳にうるさく感じる部分がなくはないです。

ただ、これは個人の好みの範疇だとは思います。

キメセクといえば、いわゆる「冷たいの」を想像していたのですが、媚薬なんですね。

まあ、コンプライアンス的に難しいのかもしれませんね。描写も難しそうですし。しゃぶしゃぶ。

しかし、媚薬はどこで手に入れたんでしょうね?

NLS? ダイト・アイ…はもうないか。常に携帯しているのも謎です。

まあ、こまけぇこたぁいいんだよ!!

演技がちょっとドラマチック過ぎるかなあと感じるシーンもありましたが、全体的にはいい塩梅になっていると思います。

もちろん松本いちかが責めるパートも収録されているので、受け身好きも安心です。

乳首舐め、耳舐め、ささやき、フェラ、腰高のシックスナイン、よだれ垂らしなどアダルトVRのセットプレーもばっちり収録されています。

正直、「チャプター1で快楽堕ちするのはちょっと早くなぁ~い?」と感じましたが、映像のバリエーションのためには仕方ないと思います。

松本いちかは痙攣イキの演技が相変わらずうまいですね~。特にクリ責めの感じ方は一見の価値ありです。

また、騎乗位でのよだれの垂れさせ方もうまい。きちんと自然に垂れているように見えます。

あと、ベタですけどお尻をふりふりして誘惑するシーンって興奮するもんですね。

最近、ベタ過ぎてあまり見ないですけどイイものはイイ!

攻めも受けもどちらもこなせる松本いちかのマルチな才能を感じられる一本でした。

レビューまとめ

ガン責めシーンが多く収録されているので、責め好きの人にまずおすすめです。

VRはどうしても受け身の設定が多いので、結構貴重な作品ですね。

3次元の「アヘ顔Wピース」は見れたもんじゃないと思っていたのですが、意外とイイ…。

最初から最後まで淫語を発してくれますので、淫語好きには特におすすめの作品です。

タイトルとURLをコピーしました