AV・アダルトVR

【レビュー】夜を使いはたして、朝陽が昇るまで松本いちかにひたすら犯され続けたい。松本いちか:個人的にシリーズで一番ヌケる作品

作品のおすすめポイント
  • シリーズで一番恋人っぽいプレイ
  • ハンディカムの映像と松本いちかのエロさがマッチしている
  • 素人盗撮風AVよりもよっぽど盗撮っぽい
収録時間182分
出演者松本いちか
監督さもあり
シリーズ夜を使い果たして
メーカーケイ・エム・プロデュース
レーベルAver
作品概要

これが天下無双の松本いちか!これが最高で最強のいちかの本性!M男とAV女優、関係を越えた生々しすぎるリアルSEXドキュメント!朝が来るまで…松本いちかに犯され続ける至高の世界線へようこそ!!いちかがボクだけに見せる全ての表情に魅せられ、陶酔して、離れられなくなった。死ぬまでこの世界に浸りたかった。松本いちかはボクの精神を犯し、幸せをくれた最高の小悪魔でした。

作品の内容と見どころ

松本いちかは、一見、素人っぽいのにきちんとプロして華がある稀有な存在だと思います。

生々しい作風では天下無敵の存在ですね。

「夜を使い果たして」シリーズの「人気AV女優がM男のお宅に訪問して一夜を過ごす」というコンセプトにベストマッチな女優だと言えるでしょう。

シリーズの他の作品のレビューは下記のリンクをご参照ください。

参考記事:【レビュー】夜を使いはたして、朝陽が昇るまで枢木あおいにひたすら犯され続けたい。 枢木あおい

参考記事:【レビュー】夜を使いはたして、朝陽が昇るまで今井夏帆とひたすらSEXをし続けたい。今井夏帆

ドキュメンタリー・タッチの作品なのでカメラは基本的にハンディカムです。

このハンディカムの「ちょっと粗めの映像」で見る松本いちかのエロいこと!

日本で一番ハンディカム映え(何それ)する女優じゃないでしょうか。

粗いといっても気になるレベルじゃないので安心してください。

カメラにあまり詳しくない人が撮ったリアルさがあるので、半端な素人系AVよりもよっぽど素人SEX隠し撮り感があります。

前作、前々作よりも「デリヘルで当たりの子が来た!」が強いです。

恋人っぽい雰囲気がシリーズの中で一番強く、お風呂でキャッキャッと騒いでいる感じが非常にイイ!早朝の寝起きSEXの気だるさと快楽もうまく映像に再現されていると思います。

「他人の生活(性活)をのぞき見する」という作品のコンセプトがついに生きたなという印象です。

キレイなAV女優さんもいいですが、個人的には「その辺りにいそうな女の子のエロ」が一番興奮します。

生活感を感じるエロってなんであんなにチ〇コにくるんでしょうかね。

全体的な流れは前作「今井夏帆」とほぼ同じで、大型バンの中でのフェラ、深夜の自撮りオナニーが追加されています。

シリーズ恒例のコスプレは「制服+ルーズソックス」でした。まだまだ現役感が感じさせる仕上がり。

松本いちかが童顔なのもプラスに作用して、本当にいけないことをしているような気分になります。

男優は過去2作の「ダイちゃん」から新たに「ジュン君」へと交代。

「ダイちゃん」は常にキョドキョドしていて落ち着きのない子でしたが、どこか可愛げがありました。女優さんが「カワイイ」というのがわかる子でした。

「ジュン君」は最終的にかなり松本いちかと打ち解けており、「ダイちゃん」には感じなかった男らしい一面があります。

ただ、その分、リアルに”俺ら”よりに感じます。「ダイちゃん」より深く感情移入できるのですが、同時に自己嫌悪のようなちょっとした不快感にも襲われます。まあ、でも嫌いじゃないよ。

冒頭にあるインタビューシーンがちょっと進化しているのが好印象。

松本いちかの素の表情がと見られる良いインタビューでした。「欠伸(あくび)すんなよ~!」の一言が非常に良かったです。

「夜を使い果たして」シリーズは、がっつりヌく作品というより人気女優のプライベート(のような映像)を見る「エロもあるドキュメンタリー」のように見ていましたが、本作はかなり使えます。

スクリーンショットを貼っておきますが、なかなか映像でないと魅力が伝わらないのがもどかしい!

レビューまとめ

個人的には「夜を使い果たして」シリーズで一番ヌケる作品です。

ハンディカムで撮った松本いちかの魅力はスクリーンショットではなかなか伝わらないので、本当にぜひ一度見てほしいですね。

「夜を使い果たして」シリーズは月額見放題のサブスクに収録されています。購入より入会の方が多分お得です。

タイトルとURLをコピーしました