エロ漫画

【レビュー】僕らの潜水性活 DYTM【エロ漫画】

僕らの潜水性活 DYTM_表紙
ページ数228ページ
作者DYTM
掲載紙・レーベルメガストアコミックス
出版社コアマガジン
作品のおすすめポイント
  • 貞本義行風の端正な絵柄
  • メガネ娘が多めに登場!
  • 全体的に軽やかなノリで読後感が良い

作品の内容と感想

表題作の「僕らの潜水生活」は、地味メガネ(といっても美少女キャラ)と陰キャが学校内のいたる所でヤリまくるだけなのですが、どこか今風の青春(性春?)のニオイがする。

“潜水(潜る)”とは作品内の隠語で、学校内の人目につかない所で陰に隠れてSEXすることという意味で使われています。

秘密を共有しあう中っていいですよね。

クラスの陽キャが興じているのは恋愛ごっこと断じ、快楽のためにひたすらSEXにふけるひねくれた性根は、まさに”俺ら”側のメンタリティではないでしょうか。

若さというか、勢いや青臭さを感じる。

読んでいてエロ漫画なのに、少し感傷的になってしまった。

全体的に端正な絵柄です。

現実にはありえないくらい腰を細く描く点といい、エヴァの貞本義行の系譜にあると思います。

あとカタカナの「ワ」の字のような口の描き方が特徴的。

竿役の男の子の描き方も猫目の鬼太郎みたいでUniqueです。

淡白でスッキリした絵柄なのに、盛りマン気味の局部の描き方のおかげでしっかりといやらしさが担保されています。

トーンをつかった陰影のつけ方も上手。

若干、線が粗いですが、いいアクセントになっていると思います。

僕らの潜水性活 DYTM_先生のプレイリスト_サンプル1

基本的に若干性癖をこじらせた女の子しか出てきません。

ストーリーも凝った設定はなくSEXシーンに突入するのが非常に早い。

下着の書き込みも丁寧で好印象。

均整の取れたモデル体型だけど、おっぱいは少し大きめというエロ漫画の王道を征くプロポーション。

嫌いな人はいないでしょう。

あとメガネをかけたヒロインが多め。好きな人も安心です。

白で画面を構成する画風もあいまってパラパラとページをめくっていくような読み方になります。

ページを早くめくっていくことで自然とドライブ感が生まれ、興奮も加速度的にアップしていく仕掛けかと。

ページをどんどんめくらせてくれるエロ漫画は良いエロ漫画。

僕らの潜水性活 DYTM_先生のプレイリスト_サンプル2
僕らの潜水性活 DYTM_先生のプレイリスト_サンプル3
僕らの潜水性活 DYTM_先生のプレイリスト_サンプル4

レビューまとめ

全体的にノリが軽やかで読後感が非常に良いです。

「明るい」や「ライト」とは微妙にニュアンスが違う。

あっさり味なので繰り返し使えるかどうかはお好みによります。

ただ、この軽やかな感じは是非一度読んで見て欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました